未分類

2020年を予想する (魔術師 奥村)

あけましておめでとうございます。

年末から、ワシントンD.Cに来て寒さと戦っています。

さぁ、新年,2020年のスタートです。
最初のblogですので、今年はどうなるかを考えてみます。

前回のblogでは、昨年の相場をサラッと振り返っていますので、ご参考にどうぞ。
https://j-i-s.info/?p=25012

まずは、IMFが発表している世界経済の見通しを見ておきます。

 

 

 

 

 

世界全体では、2019年は、3.0%でした。実は、2019年は、当初3.7%でしたが米中貿易戦争の影響もあって、下方修正されて3.0%になっていました.

2019年の3.0%成長は、リーマンショック時の3.0%以来の低い値でした。

2020年は2020年は3.4%と、1割以上良くなります。
しかし、これは世界全体の話です。

先進国だけをみると、良くありません。

先進国最高の経済成長をしている米国は成長が鈍くなっています。

日本は2019年は0.9%の伸びでした。2020年は0.5%と、成長ほぼありません。
(グラフでは記載していませんが2018年は+0.8%でした),

ユーロ圏は回復します。とはいえ、米国には及ばず、力弱い回復といえます。
(上記成長率は、全てIMFの見通しの数値をもとにしています)

つぎに、昨年9月以降の株価を上げた最大の立役者、FRBの利下げの可能性を見ます。
再度利下げが行われる可能性が高ければ、米株高、ドル安になります。

シカゴ市場(CME)の、12月26日時点でのFED watcherです。
これは、金利先物市場から計算される、政策金利の現状維持の確率で、70%以上でかなり高い確率で現状維持される、とされます。

 

 

 

 

 

1月29の利下げはなし (政策金利の市場織込み度は 96.7%)
7月29まで利下げなし (政策金利の市場織込み度は 70.1%)

であり、2020年前半は利下げはおこなわれないものとみられています(FRD watch より)。

この感じだと、しばらくは、株も為替も、上がりもせず、下がりもせずという感じでだらだらと進むようにも見えます。

具体的に数値に落としてゆきましょう。

日経平均の2019年度の見通しは、会社予想の集計では、一株当たりの利益(EPS) 1651円です(quick).

2019年12月最終週の日経平均の平均PERは、14.46だったので、

年初のスタートは、

株価
= EPS * PER
= 1651 * 14.46
= 23870円程度

が基準になりそうです。

この時のドル円レートは、109.5円.

その後、どういった流れになるでしょうか。

ここからは、社会事象を合わせて、経験則での展開をします。

まず、3月3日にスーパーチューズデイがあります。
共和党トランプ大統領の民主党からの敵対候補が誰か、見えてきます。

ここまでは、株式はゆっくりとした上り坂になります。
同時に円もゆっくりとした円安に向かいます。

民主党候補は、まれにみる小粒揃いで、(小粒の)誰が候補になっても「トランプに食いつぶされるだけ」(民主党 ブルーバーグ候補)です。

その後、あっと驚く(たとえばブルンバーグ本人も候補者なので、対トランプ対策としてはおもしろい)展開になったら、そして、ならなくても、株は一定の上昇をはじめるでしょう。

その上昇は、5月後半まで続くとみます。

5月後半は、企業の2020年度 の事業計画が全て明確になります。その時に、利益計画も明らかになるので、2020年期のEPSがわかります。

おそらく、その時のEPSは、1651円より大きな数字です。そうすると、また上がり始める。

なお、大統領選挙の年は、あがる、だの、さがる、だの、いろいろな事例を調べては今年もそうなると風潮する動きが、毎回起こります。

多くの場合、その調べてきたジンクスは当たりません。

それもまた、過去を調べてもどうせ当たらない、という最強ジンクスが存在しているためでしょう。

相場の話を続けましょう。

6月末日に、カード、なんとかpayなどオンライン決済の5%割引予算が終わりを告げます。

その6月に入った段階で、TV番組などで、いまのうちに買おう、という特集や宣伝が入る事でしょう。

6月まで買いだめや7月以降買い控えは当然に発生します。

そんな、こんなで、おそらく、株価は、5-6月に2020年のピークを迎えます。

2万5千円を超え、26000円に届かない程度まで上がる。
この時のドル円レートは、112-113円.

そのまま、株価とドル円レートを維持しながら、東京オリンピックを迎えます。

もし、テロなどがあれば、株価は大きく下げる事でしょう。

なにもなくても、もはや株は上がる勢いはなくなっているので、上がりません。

この間、日経平均で2000円-2500円程度の幅で上下はあると思います。

あくまでもイメージですが、このような感じを考えています。

黒が方向性、実際は上下するので青の線です。

 

 

 

 

 

それ以降も、予想するのは簡単ですが、今から何を予想しても、どうせ当たらないと思いますので、この辺にしておきましょう。

では皆さま、
今年もよろしくお願いいたします。

おすすめ