【奥村 尚】
1987年   都立大学大学院工学研究科修了(テーマは人工知能)。日興証券入社。投資工学
研究所にて、数々の数理モデル開発に携わる。スタンフォード大学教授ウィリア
ム・F・シャープ教授(1990年ノーベル経済学賞)と投資モデル共同開発、東証
株価のネット配信(世界初)なども手掛ける。

2000年   東証マザーズ上場第一号の「インターネット総研」で金融事業を統括。イスラエ
ル天才科学者Miller教授(モサド科学顧問)とベンチャー企業設立、人工知能技術
を商用化し空港に導入。

2004年   以降、金融業界とIT業界の交点で活躍。最先端の人工知能とアナリストの
相場適応力を融合させた投資モデルMRAを完成し、内外の機関投資家に提供する。
この投資手法は、最低25%/年以上の収益を「MRAを使う誰にでも」もたらしている。

2015年   個人投資家へMRA情報提供開始、さらに投資塾を通してお金の知識を広め、ゆたかな生活の創造に貢献している。実績はトリオアセットマネジメントで公開中。現在もヘッジファンドでのアドバイザーを務めるほか、自身の情報適用サービスの運営、複数の大学での講義等、多彩な活動を続けている。

趣味は、オーディオの機械いじり。ワインやウィスキーをたしなむこと。
スポーツ好きでスキー、スケートは自称特級(そんなものはない)、エアロビック競技を14年ほど
やっている(NAC マスター男子シングル 9連勝、JAF 男子シングルマスター部門 2017,2018準優勝など)。