未分類

ネガティブの説明 (魔術師 奥村)

米中貿易戦争は、今も真っ盛りですが、今までの流れは、以下のようなアルゴリズムのループで説明できると思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの感じでは、株価が大きく下落として反応するのは、枠で囲った制裁関税発動の時です。

そうして、上昇するのは、協議が決まった時です。

ところで、今週は、重要な指標が数多く出てきます。

まず本日9(wed)、IMFは世界経済見通しの改定値を出します。下方修正が予想されています。

明日(10/10)から、米中閣僚級協議があります。簡単に全体合意に至ることは、まず考えられません。中国の構造問題が入るからです。

11日には、ミシガン大学の消費者態度指数(10月)が発表されます。8月に大きく悪化し、9月は少し盛り返しましたが、10月はどうなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

米中閣僚会議で、貿易と構造問題を切り離し、貿易だけを解決するスタンスを見せるならば、相場は大きなインパクトをもって反応すると思いますが、その期待は薄いと見ています。

とすると、こうした指標から見えてくる予想は、ネガティブ、円高、という事になりそうです。

おすすめ